2013 年 8 月

「新月の願いごと」の星座別キーワードについて

 

8/7、 6:51、獅子座で新月です。(が、最初からボイドですので御注意を。)

一応毎月twitterで、新月に関するお知らせを流しているのですが(たまに抜けます)、そこで必ず加えているのが「(新月が起こる)星座のキーワード」。
これについて、書いてみたいと思います。

占星術の世界では、星座(宮)が司る事象があるとされています。
抽象的・精神的なことから非常に具体的な事柄、また肉体の部分など、それをどの宮が司るか振り分けられている訳です。

「新月の願いごと」においては、新月の起こる宮(星座)が司る事象に沿う願いにフォーカスする方がより叶いやすいとされています。
それで、参考までに流している次第です。

過去の「新月の願いごととは」という記事では、「宮(星座)が司るテーマに敢えて沿うことで、ひとつの願いをあらゆる側面から眺めることが出来る」のがお勧めだと書きました。

 

もうひとつ、宮のテーマを意識するメリットがあります。
1年の中での自分のエネルギーの流れが掴めるようになることです。

テーマを大切に扱うようになってしばらくすると、「自分の興味・関心の向かう方向が、自然にテーマに合っている」ことに気付くようになります。

自分を例に出します。
今回の獅子座のキーワードは「自尊心、強い精神力、大胆さ、自信、自己表現、意欲、生命力、明朗さ。権力、華やかさ。創作。趣味、主体性。また、心臓、背中。」などなど。
ここ半月ほど、私がずっと考えているテーマはまさに、「自己表現、創作、主体性、意欲、生命力、大胆さ」などのことです。
こういったことごとは、私にとっては、特に常日頃年がら年中考える種類のことではないのですが、振り返れば夏ってだいたいこういうこと考えてるんですよね。
また、6月終わりに書いたヘルスケア記事からこちら、背中はこの半月くらいで目に見えて楽になってきています。

こういった「シンクロ」事象のメリットは、
・1年のバイオリズムを掴みやすくなる→使いやすくなる
・シンクロが上手く起こっているかどうかを、自分の精神状態把握のひとつの指針とすることができる
の2点です。

バイオリズムが掴めると、色々便利です。
「星々の影響を受けている自分」に気づけて受容できると、その波をうまく活用できます。
1年の計画や見通しを立てる際に有用だと思います。

また、シンクロが起きている状態にある方が、流れに反するエネルギーを使わず、むしろ追い風に吹かれて楽に物事を進められます。
なので、シンクロチェックをしておくと、流れを読める精神状態に自分があるかどうかが自己診断でき、対処できるようになります。

流れが読めると、色々楽です。「今は流れが来てないな」と思うときには頑張るのをやめて待機し、流れがきたときにすっと乗る、ということが出来ると、がむしゃらに押す必要がなくなります。
人事を尽くして天命を待つのはとても大切ですが、人事のみで無闇に頑張る必要もないだろうと私は思います。

新月のタイミングで、シンクロチェック=精神・気持ちの状態のバイタルチェックをするのは、分かりやすくてオススメです。

余談。
日々にできるちょこっとチェックとしては、「適当に駅に行ったら待たず急がず電車に乗れた」とか「普通に歩いていたら信号が上手く変わってくれた」とかがよく言われることですね。
私は母親譲りの「サクラ体質」なので、「がらがらのお店で居心地悪いなと思っていたら他にもお客さんが入った」「混み過ぎて嫌だなと思ってたらどんどん人が出ていった」が割と優秀チェッカーです。人それぞれ何かそういう「サイン」を持っていると思うので、日々ちょっと探してみると良いと思います。

 

ところで、自分のホロスコープを知っていますか?
人さまのホロスコープ(バースチャート)は鑑定できなくていいと思いますが、自分のバースチャートはよく知っておくと誰でも何かと便利です。

今回の獅子座、私の場合はASCが入っていて、かつ土星が合という、結構重要な星座です。
なので、もともと獅子座のエネルギーを感受しやすいのだと言えます。
逆に、星がひとつも入っていない星座の司る事象や事柄は、私にはなかなか感受しにくいのです。
その星座のテーマそのものを元々あまり持っていないというか…アンテナが「向かない」というよりは、アンテナが「ない」のですね。
そういった濃淡みたいなものを知っていると、尚良いと思います。

「新月の願いごと」をより積極的に活用したい方、ぜひどうぞ。
※私は以前はバースチャートの有料鑑定を引き受けていました。今は特に募集はしていません。でも観て下さる占星術家さんは山ほどいらっしゃるので、ご興味のある方は探されると良いと思います。チャートを作れるアプリなどもありますが、読むにはちょっと勉強が必要です。

 

また、余談。
新月だけではなく、よくある「週間星占い」や「月間」「年間」etc.なんでもそうですが、星の影響が出る時期=占いが当たる時期が、早い方、遅い方、個々人それぞれ結構違いがあります。
私はかなり早いタイプで、週間だと、「未来を当てる」はずの占い記事が、「既に起こったことの後追い確認」になることもよくあります(笑)。
さすがに年単位でずれることはあまりないとは思いますが、数日レベルならよくある話です。
「全然当たらない~(でも興味がある)」という方は、自分の「当たる時期(=星の影響が出る時期)」を観察してみると良いかもしれません。


Get Adobe Flash player