文具

原稿用紙ノート

「400字でまとめる訓練」に戴いたコメントで、「200字帳」の存在を知り、早速検索した。

これはキョクトウのもの。糸綴じA5判、片面200字。見開き400字となるので、ちょうどA4原稿用紙と同じように使える。素晴らしい。ぜひ購入したくなった。

(上下画像ともフジヤ文具店様より)

 私自身は、LIFEの原稿用紙ノートを持っている。

(山田文具店様より)

 少し前に「原稿用紙に書こう」と思い立ったときに探して購入したものだ。セミB5判、罫線も「あの」赤茶色で、とても原稿用紙らしい。LIFEなので万年筆でも快適である。難を言えば、大きい。開くとB4である。だがBなどでのびのび書くには適していると言え、うまく嵌まると作家気分を味わえるかもしれない。

また、MDノート・方眼・新書判は「清書用」に使っていた。

(色工房Voice様より)

 もちろんMD用紙なので紙も良い。MDノートなので180度開く。国産EFを使えば5mm方眼でも十分マスに収められる。このフォーマットは周囲に余白をとってあるため、清書気分を十分に味わえる。かつ新書装丁なので、作品集として持ち歩くにも良い。

最近は、満寿屋の「テレビ」の使用を見て、憧れている。とにかく素敵である。

(アサヒヤ紙文具店様より)

 しかし、全体的に言って、私は「原稿用紙に手書きで書く」ことに挫折した。

キーボードに親しんでいるのが最大の敗因である。元来、頭に手が追いつかないと非常に苛立つ性質なのである。脳内胸中を走り去っていく想念を捕まえようとすると、手書きは圧倒的に遅い。書き損じでもしようものならイライラメーターは振り切れる。

また、400字詰原稿用紙に向かうと、脳は必然的に「構成して、収めよう」とする。書きたいことの他に、その見せ方も同時に考えることになる。のんべんだらりとは書けない。原稿用紙を用いようと思ったのは正にその「文章訓練」のためなのであるが、慣れがないまま様式を導入することでハードルが上がり過ぎたのだと分析する。

そういう経緯から、今回取り組むに当たってはPCエディタを選択した。まずは「書く」ことに気持ちの敷居が下がることが大切である。今のところ、手書きの時よりは心理的負担が軽く、気持ちを楽に取り組めている。

だが多くの事象がそうであるように、速いものを速いまま保てる便利さににもまた欠点がある。頭と指先だけで書いてしまうのである。400字の制約という負荷のお陰でまだマシではあるが、手で書くときとはやはり違う。微細にこだわって選択する、というような「重み」がないのである。

現時点で、様式の負担にはだいぶ慣れた。もう少し「使いこなせる」ようになったら、手書きに移行するのも良いかもしれないと、コメントを拝読して考えた。本当に訓練したければ、やはり手書きなのだ。文章とはからだ全部使って書くものなのだから。

 

*本記事は、20字×60行(400字×3枚・文章のみ)。


Get Adobe Flash player